スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


update --/--/--
backトップ > スポンサー広告 > OSSプレイ感想 その3 *
OSSプレイ感想 その3
毎度勢いだけで書いていますOSSプレイ感想。
はわわ、拍手でコメントくださった方ありがとうございます! よもやこんな場所の感想読んでる方がいるとは思いませんでした;
好き放題に捏造妄想していますが、今後もこんな感じで感想つけていく予定です~っ。

さてさて、水道局のイベントを終えて、これからメイルちゃんとデンサンシティでデートですv

水道局と言えば透くん登場なわけですが、ひそやかに顔グラが書き下ろされたりしないかなぁと期待してみました(・・・が、無理でした)
やっぱり透くんはアニメのオリジナル設定なわけですね; ううん、結構お気に入りキャラなので残念。

ここで炎山初登場。
そういえば、アニメ初期の炎山ってゲーム寄りな性格してたなぁ・・・と思い出させられました。
うん、こんなクールなキャラでしたよね!
アニメでは後半かなり世話焼きというか不運担当というかギャグ担当というか。
あのアフロが全てを分けたという気がします(笑)

オフィシャルの権限が無いため水道局の管理室まで入れない熱斗くん。
ええっ、パパのIDカードとか勝手に持ち出しちゃって良いんですか!?(もちろん良いわけない)
さらに人が帰った後に再度侵入するためとか言って、パパの研究室に潜伏する熱斗くん。(犯罪です)
なんか毎回、科学省とかあちこちテロにあう原因がよくわかります。
こんなザル警備じゃあWWWはやりたい放題です。
むしろそのうちワイリーから投書が来ますよ! 「なんじゃこの警備の温さは、けしからんっ!」とか。
だからカーネルとかアイリスを開発しちゃうわけですね。うん、ネットを守ってやって下さいワイリー博士。ここのスタッフに任せてたら何時までたっても事件は減らない気がします;

色々ありましたが、そんな流れでアイスマンを攻略完了~。
続いてデンサンシティの信号機ジャック事件です。

朝起きると「メールが届いているよ」との声が。
何度聞いても悶えますって!
もっと喋ってください、むしろフルボイスで出してください(無茶)

メイルちゃんからのデートのお誘いでしたv
やいとちゃんのバースディプレゼントを一緒に買いに行かないかといのことです。
こう、積極的に熱斗の気を惹こうと努力するメイルちゃんは可愛いです。アニメではそれがよく暴走して大変なことになっていましたけど(笑)

お誘いのメールに「返事をしない」を選ぶと、ロックマンから「返事してあげた方がいいんじゃない?」とアドバイスが。
もちろんこのままでは先に進まないので、再びメールを開いて、今度は「返事を出す」を選択。

選択肢は「買いに行こう」と「ひとりで行ったら?」という内容の二択なわけですけれど・・・。
お決まりということで、まずは断る方を選択。
すると、
「えー、せっかく誘ってくれてるのに悪いよー」
と言って、兄さん今度はメール送信を拒否ですよ!
ま、まって兄さん! いまさっき、「何て返事する?」と聞きましたよね?
なのに答えたらメール送信拒否・・・
しかもその後、
「・・・で、何て返事する?」
と魔のリピートです。(うわあ)

ちょっと待って、メールの内容は兄さんの検閲つきですかっ(大笑)
ナビの権限の範囲を大幅に超えておりますよ!

結局何度やりとりしても断りのメールを運ぶ気はさらさらないらしいロックマンに根負けした熱斗くんは「OK」の返事を選択。

「だよね! じゃあメール書いてね!(にこっ)」と答えた笑顔の眩しさといったら・・・。
あわあわ、生活の何から何まで、熱斗くんにプライベートは無いということが身にしみて判りました(ガクブル)
ひそかにここに黒様が光臨されているような気がします。

兄さん、デートに誘われた熱斗くん本人よりも嬉しそうなのですが。
可愛い弟の恋愛ごとに気を引かれているのでしょうか。うん、もう兄馬鹿ぶりが炸裂してますよっ。

そしてメールが書き終わると、さっそくロールのところにもって行こうとするロックマン。
常々思うのですが、メールを送信する際にナビがいちいち移動して手渡しするのって、結構手間になっているような気がするんですけど・・・
だって、そのまま相手のところで話し込んじゃったりしてると、ロックマンが帰ってくるまで熱斗くん何も出来ないわけですよ。
あっ、でもパソコンにプログラムくんがいるから、彼に頼めば良いのかな??
そういえばやいとちゃんとか他の人は良くプログラムくん使ってましたよね。
っていうことはむしろ、ロックマンがプログラムくんたちの出来そうなことも全部自分でやっちゃってるということでしょうか。
熱斗くんの世話は自分が! という独占欲だったりしてもいいなぁと思うのですが(どきどき)

なるほど、だから任務遂行中の時は主にメールじゃなくて電話で連絡が来るわけですね。(いえ、そういうわけじゃないのかも知れませんが)
だってロックマンが留守になってたりしたら戦えませんもの。

あ、でもこういうときこそ黒様の出番ですよ!(黒様が熱斗くんのPETにお持ち帰りされたという設定で) ロックマンが二人いれば、片方は連絡に向かって片方は熱斗くんのサポートが出来ます。
・・・でも、多分どっちが残るかで毎回熾烈な戦いが起きそうな気もしますが(笑)

黒様が連絡係りだったりしたら、科学省で対応する名人の胃が大変なことになりそうです。(アニメ設定の場合)
でも黒様が残ったらそれはそれでロックマンの胃が(?)痛くなりそうですが。
たぶん熱斗くんが心配でいてもたってもいられないと思います。むしろ一人で残すより黒様と二人きりの方が心ぱ・・・(略)

そのままデンサンシティでお買い物をする予定ですが、ここでとりあえず前回買い逃していた裏インターネットの商人を攻略してこようということで、くるりとUターンして、お金稼ぎの旅へGoです。

まずはデカオにネットバトルを申し込んでみたんですが、ガッツマンはどうやら現物支給のようで、お金が溜まりません;
ううん、ここに炎山がいれば溜まり放題なのに。
仕方が無いので次に日暮さんに挑戦。
ナンバーマンは結構効率よくお金が溜まる感じです~。(貧乏生活の日暮さんに鬼畜なことをする自分)

現在こつこつナンバーマンいじめを遂行中です。

update 2009/12/02
backトップ > Diary > エグゼ・流星感想 > OSSプレイ感想 その3 *

since 2006 Sonatine-ソナチネ- Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。